【神奈川個別ゼミナール】鶴見生麦校/サテライト教室:先生1人に生徒2人までの『個対個』だから指導が見える! 家庭教師みたいな個別指導塾
※このサイトはWindows xp環境で表示できない場合がございます。ご了承ください。

2017年3月

2017.03.04

神奈川県公立高校受験者全員合格(通塾3ヶ月以上の生徒)

 

今年は受験勉強に疲れていた生徒が多かった感じで、不安な生徒が少なからずいた中でしたが、公立高校受験者(通塾3ヶ月以上の生徒、H25,26年は全員合格)全員合格しました。

問題は全体的に見ると易化していると思われますが、出題傾向のの変化やマークシートの導入等、余裕の無い生徒には戸惑い等、簡単ではない入試には変わりないようでした。

国語は問題の難易度に大きな差は見られないものの、出題傾向が変わり、とまどった生徒もいたようです。小説の記述が無くなった代わりに、論説文の抽象的な度合いが増しました。

数学は設問数が減り、問6,7が平易になったため、難しくなった箇所はあるものの易化したといえるでしょう。

英語は英作文が一つ減り、語数も昨年より減り、リスニングやグラフを使った問題などは難しく感じる箇所があったものの、全体で見れば易化したようであります。

理科は2年連続易化した感がありますが、問題文が長く読解力が必要な問題には変わりませんでした。

社会も問題数が減少しましたが、時事問題と関連付けた問題が増え、普段から社会の問題に目を向けることが大事になりそうです。

資料の読み取りは、昨年同様、今後も大きく問われる可能性が高く、教科を超えた演習が有効です。また新傾向の問題は過去の神奈川県入試問題では不足しているので、他県の同傾向の過去問や塾にある新傾向の問題集等で演習する事が有効です。

1