【神奈川個別ゼミナール】鶴見生麦校/サテライト教室:先生1人に生徒2人までの『個対個』だから指導が見える! 家庭教師みたいな個別指導塾
※このサイトはWindows xp環境で表示できない場合がございます。ご了承ください。

塾長ブログ

2017.05.30

ルーズリーフファイルで弱点カバー

 

当塾では5月から生徒全員にクリアファイル付きルーズリーフ・暗記用の赤シート・文字が消えるオレンジペン・緑マーカーを配り、授業で理解した個所や憶えなければならない個所等をまとめ、その内容を翌日、翌々日に復習し、翌週の授業時に憶えているかをチェックする方式と取り入れました。

 

短期記憶を長期記憶に移行させるためには、復習が大事です。エビングハウスの法則では勉強後3~9時間で復習すると効果的と言われておりますが、最近の研究では現実的なやり方として、翌日、翌々日、1週間後、2週間後、4週間後に復習すると、かなりの割合で長期記憶に移行するとの事です。さすがに5回の復習は難しいかもしれませんが、3回でもかなりの効果があるとのことでこの方式を取り入れました。

 

生徒の反応も良く、まとめる作業を楽しみながら取り組んでいる生徒が多く、また書く作業と次週のチェックで最低2回は復習せざるおえなく、憶えておきたい内容を効率よく復習できている様子です。

 

定期テスト前にこのまとめファイルをしっかり活用することで弱点補強にかなり期待ができ、生徒も継続して使いこなして欲しいものです。

 

2017.05.12

音読の効果

 

国語を苦手としている生徒によく見られるのが、文章を良く読めていないことです。

 

これはなぜわかるかと言うと、音読させるとスムーズに読めていないからです。

 

このような生徒に音読を取り入れると、たいていの生徒は国語の読解力が向上しています。

 

効果があることはわかっていましたが、先日、ある脳科学者の方が音読とは、目と口の運動であるだけでなく、脳の入力→情報処理→出力という要素が連続的に含まれ、ある程度内容が理解できなければ難しく、そこには確実に脳の情報処理があり、さらに声に出すという出力もあることから理解力向上に効果があるとの事でした。さらに脳の活性化や文章化するのにも良い影響があるとのことで「なるほど」と思わせる内容でした。

 

英語も聞くだけでなく、しゃべらないと身につかない事と同じように、言語の学習は口に出すことが効果的だとわかりつつも改めて感じた次第です。

2017.04.28

オービー横浜での体験学習

 

 4月16日(日)に塾長、講師の先生、生徒達でオービー横浜へ行きました。


 大自然の神秘を体験的に触れられる施設で生徒も大変喜んでいて充実した内容でした。


動物の生態、様々な自然形態を刺激的な施設で触れられ、個別では、象やゴリラの匂いに驚き、動物の動きの早さを自分の早さと比べ、その違いにびっくりしたりと、新しい発見が色々ありました。


これを機に、生き物や自然の神秘に感動し、勉強のやる気につながってくれれば幸いです。


最後に皆で食べたドーナツはおいしかったです。


2016.10.28

定期テスト終了の結果

 

9月末に近隣の中学校が定期テストを実施しました。当塾でもテスト前の休日教室開放しテスト対策に各自励みました。やはり、塾の授業以外にも毎日自学習で塾に来た生徒は押し並べて良好な結果になっていました。


テスト前は早めの理解のうえに、演習問題で整理・定着させることが大事で、そのプロセスを早めにこなせればよい結果が自然とついてくる事に早く気づいてほしいもので、根気強く指導していかなければならないと改めて考えさせられます。


*以下点数アップした生徒の一例

N中2年のHさんは英語が25点アップし、その他の科目も押し並べて点数が上がっておりとても喜んでいました。N中2年のI君も苦手な英語が21点アップし苦手意識の強かった英語が上がり良かったです。N中2年のK君は5教科合計で89点アップし、特に英語が40点、数学が21点上がり、苦手な国英が安定して上がってきたので今後が楽しみです。T中K君はミスが目立っていましたが、英語が18%(注)、数学が8点アップし、着実に点数アップを図っています。N中3年のS君は部活でいつも疲れていたのですが、その部活が終わったためか、5科目合計で39点アップし、全ての科目で点数アップを図り、次回のテストに意気込んでいました。

(注)テストの満点が違うためこのような表記になりました

2016.09.26

数学を学ぶ事に意味あるの?

 

このような問い掛けをしばしば耳にします。数学を捨てても、人生の大きなマイナスにはならないかもしれません。しかしそれは、早々と将来の選択肢を捨てることにもつながります。また算数・数学を学ぶ事によって論的思考も養われ、どの分野に進んでも必ず役に立つでしょう。高度に複雑化した現代社会においては、様々な分野で数的感覚が必要となっています。

2016.08.05

夏期講習の状況

 

今まで、学校の授業の補習や応用的な内容を学習していた生徒も、夏期講習に入り、多数ある夏期講習用の教材や各自理解不足の単元を学校の進度とは別に進めており、余裕のある時間の中で、体系的な知識の整理や演習を進め、定着に励んでいます。

昨今のスマートフォン依存に代表されるように、家での勉強ははかどらないばかりか、エアコン代もかさみ、ぜひ塾へ勉強に来てもらいたいものです。時間のある生徒は少しでも良いので塾へ自学習や課題をやりに来ましょう。

2016.07.05

定期テストの結果

 

定期テストが終わりました。数学が44点アップして喜んでいた中2のSさん。主要5科目の合計84点アップした中2N君。入塾後最初の定期テストで数学が31点アップし、もう少しで成績が5になると喜んでいた中2Sさん。部活でいつも疲れ切っていた中3のS君も数学18点アップさせるなど、その他にも点数アップした生徒が多数おり良かったです。

2016.05.01

目標って大事?

 

アメリカの成功した経営者への質問で最も重要なことは「目標を設定すること」が一番多かったという調査結果がありました。もちろん勤勉、忍耐、努力、発想、協調、情報等いろいろな要素があるのですが、目標とは意外と感じられた方も多いのではないでしょうか。

目標設定にSMARTの法則というものがあります。目標は計画の土台として重要ですが、曖昧になりやすくどう行動すればよいか明確にする必要がありこれを補うものです。



SMARTの法則→具体的(Specific)に、計量可能(Measurable)な、達成可能な(Achievable)、目標に関連した(Related)、期限設定のある(Time-bound



目標をこれらに当てはめ実行するプロセスを明確にしましょう。

1