【神奈川個別ゼミナール】鶴見生麦校/サテライト教室:先生1人に生徒2人までの『個対個』だから指導が見える! 家庭教師みたいな個別指導塾
※このサイトはWindows xp環境で表示できない場合がございます。ご了承ください。

合格者の声

2019.03.30

神奈川県公立高校受験者通塾9カ月以上の生徒全員合格

 

今年の受験者は自分の学力とかけ離れている志望校を希望する生徒が多く、かなりの受験生が不合格になりそうな状況で、一人一人のケアがとても大変でした。12月のW模試の結果、8名が志望校で努力圏になっていたのですが、そのうち志望校を合格圏に下げた生徒はわずか1名のみで大変な受験となりました。授業以外の日も、ほぼ毎日塾に来て受験勉強する状況となり、一人一人によって点を取れる箇所や難度が違うため、それぞれに合わせて弱点補習をしたり、各自優先すべき内容の授業や自学習したりと受験勉強に取り組んで行きました。

今年は、神奈川県入試に特化した対策問題の「県トレ」や「エクシード」に加え、今年発刊された「極めるシリーズ」や、改訂された「模擬問題」等もこなし、また理科社会は映像授業を活用する生徒も多く、それらを通じ、学力アップを図って行き、全ての生徒が12月に比べ点数や学力がアップしました。

入試直前には「全県模試の入試直前Web判定模試」を希望者に行い、1カ月間の学力の伸びも確認出来、補習で各自苦手で得点になりそうな箇所を優先して勉強に励む事が出来、ほとんどの生徒が志望校に合格しましたが、入試得点310点までにした生徒が届かなかったりと残念な部分もありました。

振り返って見ると、模擬試験で安全圏だったのは港北合格のSAさん、県鶴合格のIR君、霧が丘合格のSJさんだけだったので大変な受験でした。

問題は例年に比べ、数学、社会の問題が難しく、数学は時間的にも、難度的にも解ける問題とそうでない問題を見極める力も必要な問題で、必須の関数も予想を超える設定で、平面図形や立体図形も展開の仕方が複雑で、理科の数学的要素が少なくなった分、数学でロジカルシンキングを試し、それを高度に要求される高校数学に耐えうる力があるのかを試されているような問題でした。社会が難しくなった半面、例年難しい理科が捉え易い問題になり、国語・英語は例年並みに感じていました。


2019.03.07

2019年の合格者一覧

 以下2019年の受験合格者一覧です。

(第一志望合格率は86%)


県立港北高校

県立鶴見高校

県立城郷高校

県立霧が丘高校

県立川崎高校2

県立新栄高校

県立神奈川工業高校2

市立川崎高校

国立館山海上技術学校

橘学苑高校2

横浜創英高校

湘南学院高校

湘南工科大付属高校

横浜清風高校2

大西学園高校

品川エトワール高校

横浜創学館高校

日本体育大学荏原高校


日本大学経済学部

東海大学国際文化学部

和光大学表現学部

2018.03.28

神奈川県公立高校受験者通塾週2コマ以上の生徒全員合格

 

今年は1月の模擬試験の結果で合格判定がボーダーゾーンや努力圏に入っている生徒が目立ち、しかもその全てが志願変更しなかったため、追い込みの勉強に追われ、毎日のように自学習に取り組んでいた生徒が目立ちました。この子たちが勉強に来ていたため、他の生徒も少なからず喚起され、全体としてはやる気モードがいい雰囲気で最後まで続きました。生徒により、教材会社のいろいろな予想問題をこなす者から点が取れそうな科目・単元に絞って得点アップを目指すもの。基礎事項が抜けていて出題されそうな箇所で点数アップにつなげられる勉強をする者等、十人十色の受験勉強でしたが、試験1週間前になっても自分では解ったつもりでも出来なかったり、大事な個所が抜けていたりしている生徒のチェックは最後まで続きました。

模擬試験では翆嵐も安全圏に常に入っていながら、サイエンスフロンティアの魅力に惹かれ合格したSK君や上位校も合格圏に入っていながら県鶴に合格したNY君以外はヒヤヒヤの受験でした。

問題は全体的に見ると易化していると思われますが、出題傾向の変化やマークシートの導入等、余裕の無い生徒には戸惑い等、簡単ではない入試には変わりないようでした。

国語は問題の難易度に大きな差は見られないものの、出題傾向が変わり、とまどった生徒もいたようです。小説の記述が無くなった代わりに、論説文の抽象的な度合いが増しました。

数学は設問数が減り、問6,7が平易になったため、難しくなった箇所はあるものの易化したといえるでしょう。

英語は英作文が一つ減り、語数も昨年より減り、リスニングやグラフを使った問題などは難しく感じる箇所があったものの、全体で見れば易化したようであります。

理科は2年連続易化した感がありますが、問題文が長く読解力が必要な問題には変わりませんでした。

社会も問題数が減少しましたが、時事問題と関連付けた問題が増え、普段から社会の問題に目を向けることが大事になりそうです。

資料の読み取りは、昨年同様、今後も大きく問われる可能性が高く、教科を超えた演習が有効です。また新傾向の問題は過去の神奈川県入試問題では不足しているので、他県の同傾向の過去問や塾にある新傾向の問題集等で演習する事が有効です。

2018.03.03

2018年合格者一覧

 以下2018年の受験合格者一覧です。

(第一志望合格率は95%)


捜真女学校中等部

鶴見大学付属中学難関進学コース


市立横浜サイエンスフロンティア高校

県立鶴見高校2

県立川崎高校

県立鶴見総合高校2

県立新羽高校2

県立霧が丘高校

県立横浜緑園高校

県立白山高校

県立新栄高校

鶴見大学付属高校2

白鳳女子高校

武相高校

高木学園女子高校

横浜商科大学付属高校




2017.03.04

神奈川県公立高校受験者全員合格(通塾3ヶ月以上の生徒)

 

今年は受験勉強に疲れていた生徒が多かった感じで、不安な生徒が少なからずいた中でしたが、公立高校受験者(通塾3ヶ月以上の生徒、H25,26年は全員合格)全員合格しました。

問題は全体的に見ると易化していると思われますが、出題傾向のの変化やマークシートの導入等、余裕の無い生徒には戸惑い等、簡単ではない入試には変わりないようでした。

国語は問題の難易度に大きな差は見られないものの、出題傾向が変わり、とまどった生徒もいたようです。小説の記述が無くなった代わりに、論説文の抽象的な度合いが増しました。

数学は設問数が減り、問6,7が平易になったため、難しくなった箇所はあるものの易化したといえるでしょう。

英語は英作文が一つ減り、語数も昨年より減り、リスニングやグラフを使った問題などは難しく感じる箇所があったものの、全体で見れば易化したようであります。

理科は2年連続易化した感がありますが、問題文が長く読解力が必要な問題には変わりませんでした。

社会も問題数が減少しましたが、時事問題と関連付けた問題が増え、普段から社会の問題に目を向けることが大事になりそうです。

資料の読み取りは、昨年同様、今後も大きく問われる可能性が高く、教科を超えた演習が有効です。また新傾向の問題は過去の神奈川県入試問題では不足しているので、他県の同傾向の過去問や塾にある新傾向の問題集等で演習する事が有効です。

2017.02.28

2017年の合格者一覧

以下201年の合格者一覧です。

 (第一志望合格率は7%)

関東学院六浦中学校

関東学院中学校


県立川崎高校

県立鶴見総合高校2名

県立新羽高校

県立永谷高校

県立二俣川看護福祉高校

県立神奈川工業高校2名

日本大学高校

日本体育大学荏原高校

横須賀学院高校 選抜クラス


明治大学理工学部物理学科

東京農業大学地域環境科学部

東京農業大学生物産業学部

跡見学園女子大学文学部人文学科

日本大学生物資源科学部くらしの生物学科(補欠)

帝京科学大学生命環境学部自然環境学科

2016.04.01

2016年の合格者一覧

 

以下2016年の合格者一覧です。

第一志望合格率は75%)


横浜国立大学附属横浜中学校(補欠選考まで)

神奈川学園中学校

鶴見大学附属中学校


県立鶴見高校4名

県立岸根高校

県立川崎高校

県立住吉高校

県立二俣川看護福祉高校

県立麻生総合

県立川崎工科高校

県立磯子工業高校

市立川崎高校

橘学苑高校

横浜学園高校


駒澤大学経済学部(補欠選考まで)

神奈川大学法学部

関東学院大学経済学部

産能大学経営学部

2016.03.10

神奈川県公立高校受験全員合格(通塾1年以上の生徒)

 

一昨年に続き、公立高校受験者(通塾1年以上の生徒、H25,26年は受験者全員合格)全員合格しました。

今年も難易度の高い学校の倍率が高く、鶴見高校も倍率が高くなってしまい、神奈川個別ゼミナールでも4名受験し、ハラハラでしたが全員合格でホットしました。

受験前の1月、2月の休みの日には休日勉強会に各自勉強に励んでくれていて、全科目の弱点補強を行い、予想問題や類似問題をこなし、学習した内容がスムーズに定着出来た生徒が多かったので心配は少なかったのですが、やはりあまり勉強しない生徒には最後まで心配の種でした。

また岸根高校を受けた生徒が当日発熱してしまい本当に心配でしたが、あえて岸根を志望校にして余裕を持った受験だったので無事受かることができ本当によかったです。

ただ、志望校の変更依頼をした生徒以外は全員公立高校に合格しましたが、やはり不合格者が出てしまったのは残念でした。模擬試験の判定でほとんど受かる見込みの無い判定結果が出ていたためそんなにショックを受けてなく,少しは救われたような気分ですが・・・。

その他の生徒は,大きな問題も無く受かってくれ良かったです。面接もサテライト教室で練習した成果を皆存分に出してくれたようでした。

今回の問題は英語の難易度がやはり予想通り難しくなっており、理科がやや易化されたものの、国語は全国最大級の文字数で、相変わらず難しいレベルを維持した内容でした。

問題傾向は二極化しているので、生徒の学力ごとに対策を打つ課題・問題を選定し、演習していくことが大事です。

資料の読み取りは、今後も大きく問われる可能性が高く、教科を超えた演習が有効です。また新傾向の問題は過去の神奈川県入試問題では不足しているので、他県の同傾向の過去問や塾にある新傾向の問題集等で演習する事が有効です。

1